下手に手を出さずハチ退治は業者に任せることが1番

ノミの卵を処理

ノミのメスは、生きている間に約500個の卵を産みます。そのためノミ駆除では、卵を処理することも大事です。卵は空気の流れで転がっていきますが、だからこそ箒や掃除機で除去できます。また、室内の湿度を下げれば孵化しなくなります。さらに、孵化後の幼虫に効果を発揮する殺虫剤を散布しておくことも有効な手段です。

もっと読む

ミツバチの巣はどうするか

ミツバチはおとなしい性格で、こちらから近づかなければ攻撃してくることはあまりありません。密閉空間を好むため、時には民家の中に巣を作ってしまいます。殺虫成分への耐性が低いので自分でもハチ駆除は可能ですが、自治体などに相談すると、養殖や蜂蜜採取のために殺虫剤を使用せず駆除をしてくれる場合もあります。

もっと読む

刺されないための保護具

ハチ

重ねて使用する

ハチの巣が出来てしまったら早めに駆除・退治をしなければ刺される場合があります。退治する方法にはいくつかのものがあります。一般的なのは専門の業者に依頼するという方法ですが、案外知られていないのが、住んでいる自治体に依頼するという方法です。殆どの自治体にそのようなサービスがあるので利用することが出来ます。また、自分でハチを退治するという方法もありますが、その時の服装・装備には気を付けなくてはいけません。特に手を刺されないようにする為の手袋にはこだわりましょう。軍手のみの使用だと刺された場合にハチの針が貫通してしまうので、軍手の下に皮手袋や溶接用の厚い手袋を付けるといった対策をするようにしましょう。

レンタル出来る場合も

自分でハチを退治する時には手袋だけでなく服装にも専用のものを使用するようにしましょう。ホームセンターや農作業用具専門店等にはハチ退治専用の防護服が売っているので、それを用意しておけば安心してハチ退治が出来ます。しかし専用の防護服は一着あたりの価格が数万円はするので、もしも購入するのがもったいないと感じるならば、役所でレンタルしてくれないか問い合わせてみましょう。全ての自治体とは限りませんが、レンタルしてくれる自治体も存在しています。専用の防護服の色は基本的に白色になっています。何故なら、白色はハチを刺激しない色だからです。もし、防護服が用意出来ずにハチ退治をする場合は、白色の服を着て行うようにしましょう。しかし、ハチの種類や巣の大きさによっては危険な場合もあります。その時は、速やかに専門業者へ連絡して退治してもらいましょう。専門業者では、依頼があれば迅速な対応でハチ退治を行なってくれるため、すぐに安全な生活をすることができます。また、24時間いつも対応してくれるため、自分の都合に合わせられます。フリーダイヤルなどは、自社のホームページからでもチェックできるため、一度調べてみるとよいでしょう。被害を出さないためにも素早い対応が重要となります。

虫の悩みは業者に任せる

蜂に刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるので、業者に駆除をお願いするのが安全と言えます。多くの業者は年中無休で駆除に対応しており、ウェブ上で依頼することができます。また、無料見積もりを出張で行っているところもあります。

もっと読む